ld_01-3.jpg ld_02-3.jpg ld_03-3.jpg ld_04-3.jpg

2020年7月、TMSライナー株式会社と日本スナップロック株式会社が合併し
株式会社リグドロップとして生まれ変わりました。
「光硬化工法協会会員」と「日本スナップロック協会会員」に向けた情報発信やPR活動
そして施工会員様を中心とした施工に関する材料・資機材の改良開発、販売、レンタル等
ならびに 施工指導やアフターフォローにおいて、より良いサービスを拡充して参ります。

Service

事業内容

材料の製造・販売



本管用更生材料(光硬化工法)
◎アルファライナー工法
 ・アルファライナー
◎シームレスシステム工法
 ・シームレスライナーS
 ・シームレスライナーSⅡ
◎管端処理材
◎その他
 ・保護ジャケット
 ・スリップシート
 
修繕工法
 ・スナップロックS(Φ200~Φ700)
 ・スナップロックML(Φ800~Φ3500)
耐震化工法
【マンホールと管きょの接続部耐震化】
 ・マグマロック工法mini・NGJ(Φ200~Φ700)
 ・マグマロック工法NGJ(Φ800~Φ3000)
【管きょと管きょの継手部及びマンホール目地部耐震化】
 ・マグマロック工法(Φ800~Φ3500)
 ・マグマロック工法マンホール用(1号~4号)

施工装置レンタル



◎スナップロック工法
 ・嵌合機(Φ200~Φ700)
◎マグマロック工法NGJ/mini・NGJ
 ・誘導目地切削機
 ・その他関連機材

技術開発




浦安技術センターにて強度試験や水密試験など様々な試験を繰り返し、技術の更なる向上に取り組んでいます。

施工指導



全国各地で施工技能研修会や講習会を開催しています。

PR活動



下水道展などの大規模イベントの他、全国各地で開催される施工展にも出展しています。

Company

会社概要

2つのソリューションとコミュニケーションをつなぎ、
管路とお客様の安心安全に貢献してまいります。

令和2年7月、TMSライナー株式会社と日本スナップロック株式会社は合併し、株式会社リグドロップ(LIGDROP) へと生まれ変わりました。
私は、新生株式会社リグドロップ代表取締役の森岡真一と申します。
シャイな理想主義者で、案外のんびりと構えて見えながらも絶えず変革を追い求め、社会とお客様から信頼される会社を目指して参ります。
さて、会社名 LIG(つなぐ)DROP(水)の由来は、水環境に関わる管路の更生と耐震という2つのソリューション事業をつなぎ、そして水環境に携わるお客様と当社のコミュニケーションをつないで参りたいとの想いからです。
光硬化による管更生工法「アルファライナー」や管口耐震工法「マグマロックNGJ」など当社が誇る技術は、30年の歴史の中で大きく進化してきました。
私たちが目指しているのは、製品そして技術サービスの進化を通じ、お客様にとって一番のメーカーであり、ご満足いただけるサービスがご提供でき、そして社会に貢献できる元気な会社です。
引き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。 

株式会社リグドロップ 代表取締役社長

森岡真一

商号

株式会社リグドロップ

会社所在地

本社:〒160-0004 東京都新宿区四谷2-10-3 TMS ビル4F tel.03-3355-1545 fax.03-3355-5311【MAP】

浦安技術センター:〒279-0024 千葉県浦安市港60番地 tel.047-316-3210【MAP】

設立

令和2年7月

資本金

85,000,000円

株主構成

東亜グラウト工業株式会社、大林道路株式会社

会社役員

代表取締役会長 山口 乃理夫
代表取締役社長 森岡 真一
専務取締役 川口 敏彦
常務取締役 石川 孝幸
常務取締役 眞田 和彦
常務取締役 大河原 隆
取締役 大岡 太郎
取締役 川浪 弘之
取締役 北岡 善文

従業員

29名

取引銀行

みずほ銀行四谷支店

関連協会

光硬化工法協会

日本スナップロック協会

沿革

平成2年1月「スナップロック組合」を設立

平成2年12月 「日本インパイプ株式会社」を設立

平成6年6月「スナップロック組合」から「日本スナップロック株式会社」を設立

平成16年10月「日本インパイプ株式会社」から「TMS ライナー株式会社」へ社名変更

令和2年7月「TMSライナー株式会社」と「日本スナップロック株式会社」が合併し、「株式会社リグドロップ」を設立

Contact

お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
返信までに、3~4営業日いただいております。あらかじめご了承ください。
※入力した情報はSSL 暗号化通信によって安全に送信されます。